あなたが初めて買ったコスメはな~に?

プチラサラ パウダーアイブロウ メイクアップ

あなたが初めて買ったコスメは何ですか?

 

 

…当てにいってもいいですか?

 

ズバリ、アイブロウパウダーorアイブロウペンシル!!

 

ふふふ。どうでしょう。

きっと8割がた当たっているんじゃないでしょうか?

 

今の子供達の興味と、わたしたちアラフォー世代の興味の違い

最近の子は早熟で、小学生の頃からメイクを始める子も少なくないと聞きます。

実際テレビでも、ぽってりリップやチークをしている子どもたちを見かけました。

 

わたしたちの時代と変わらず、学校はメイク禁止を掲げているところが殆どのようですが。

(わたしに子どもはいませんが、教員をしている同級生や子どもを持つ友達に聞きました。)

 

小学生でメイクをする女の子を見ると、わたしたちアラフォー世代とはメイクの興味の対象が違うんだな~と思いました。

 

最近の子は色味重視

小学生だけに限らないのですが、最近の若い女の子は色味を重視してメイクしているな~と感じます。

 

自然な感じの白い肌に、蒸気した頬、そしてぽってり唇。

 

 

3年近く前の動画ですけど、こんな感じ。

眉毛はナチュラルだし、目元にドギツいメイクを施しません。

アイシャドウガッツリですけど、選ぶ色が濃くない。

 

アラフォー世代は目力重視

それに対し、わたしたちアラフォー世代はなんといっても目力!

最近はその風潮も和らいできましたが、昔と変わらずこだわりの眉毛を貫く人、モリモリのまつ毛やカラコンが手放せない人はうちらの年代に多いです。

 

 

今はマツ育のためにマツエクはお休みしているけれど、わたしもその1人。笑

 

マツ育記録も良かったら見守っていってください。

数あるまつ毛美容液の中で、スカルプDボーテのプレミアムを選んだ理由4点
まつ毛美容液といっても、世の中にはいっぱ~~いあります。 その中で、わたしがスカルプDボーテのピュアフリーアイラッシュセラムプレミアムを選んだ理由4点を紹介したいと思います。 マツエク・まつ毛パーマの上からでも使える これ...

 

例えばこちらの若見えメイクテク動画。

 

先程の動画と比較して観てみてください。

 

  • 着色直径大きめのカラコンを装用する
  • ビューラーをライターで炙ってまつ毛をガチガチに上げる
  • 下まつ毛まで、まんべんなくマスカラする
  • 目の周りは黒で大きく見せる

 

など、目力へのこだわりがあちらこちらに散りばめられています。

 

どちらの動画も可愛いけれど、メイクの仕方が全く違って面白いですよね♪

 

やっぱりここでも安室奈美恵と浜崎あゆみ

以前UV対策への意識が低い82年世代のことを書きました。

こちらの記事ですね。

今まで紫外線対策に取り組んでこなかった言い訳と後悔
中学生でアムロちゃんに憧れ、高校生であゆに憧れた時代 わたしたち82年生まれは、日サロとかコギャルが流行った世代。中学生のときはアムロちゃんに憧れ、高校生のときは浜崎あゆみに憧れたものでした。 さすがにわたしは日サロ通いしませんでし...

 

この時にも書いたけれど、やっぱりわたしたちの世代は安室奈美恵と浜崎あゆみを知らず知らずのうちに引きずっているわけです。

ファンであろうと、なかろうと。

 

彼女らがわたしたちの青春時代の常識であり、象徴であり、憧憬であったわけですから。

 

だから、35歳のわたしたちが眉メイク・アイメイクに1番注力するのは当然のことなのです。

 

中学校・高校でできるメイクといえば?

そして、冒頭に戻ります。

よほど自由な校風の学校に通っていない限りは、中学・高校にしていけるのは眉メイクだけ。

 

だから、まず最初にあなたが手を出したコスメは、アイブロウペンシルか、アイブロウパウダーなんじゃないかなって思ったんです。

 

プチラサラ パウダーアイブロウ

ちなみにわたしの初コスメはこれ。

ナリス化粧品から出ていた、プチラサラ パウダーアイブロウです。

 

中学生の時に買ったんで、さすがにもう廃盤になっちゃってます。笑

思い出がいっぱい詰まったコスメなので、また後日語らせてくださ~い!

コメント